男性器が大きい人と小さい人の違いとは

数ある増大サプリメントの中からどれが正解か分からず悩んでいませんか?そんなあなたへ、モニターの皆さんが本当に実感した増大サプリのランキングを紹介します。
増大サプリで実現しよう!

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためにはなぜそもそも男性器が小さいのかを知る必要があると思います。男性器が小さい原因には以下の三つが考えられます。

●生まれつき

男性器が小さい一番の原因と言われているのは生まれつきと言われています。

「生まれ持った体質」というと、背の高さのようにどうすることもできないんじゃないかと思うかもしれませんが、実はそれは全然違います。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子で男性器のサイズが決まっているわけではありません。成長に必要な成分を増大サプリなどから効率的に体内に取り入れることにより増大をいくらでもすることができます。

●筋力不足(筋力不足)

下腹部の筋肉が弱い人や太っていておなかが出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は下腹部から男性器につながっている筋力が不足していることです。

男性器というのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起というのは海面体細胞が血流を吸収して膨張することにより男性器が大きくなります。さらに男性器の根底の筋肉が緊張して男性器をつり上げるような形になることによりそそり立つ男性器という形になるのです。

この男性器を構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起男性器ではなくへなへなした男性器になってしまうということです。

男性器を構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、男性器が大きく見えるようになります。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

年齢が若い頃は亀頭に皮が被っているのは普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなるにつれて自然と皮がむけて普通の大人の男性器になるようになります。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎というのは、通常時も勃起状態も亀頭に皮が被っている状態の男性器のことをいいます。

カントン包茎:包皮の口が極端に狭くて、亀頭や陰茎を締め付けてしまう状態。

上記のように包茎には種類がありますが、どの包茎でも亀頭に皮がかぶっている状態です。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男性器増大にはマイナス要因になるのです。

これが包茎が男性器を小さくする原因です。包茎と正常の男性器では、長さが平均で3cmも違うというデータもあります。

包茎が原因の場合は包茎を治すことにより男性器を大きくすることができるということです。